D2ジャパン サスペンションシステム スーパーレーシング 車高調 【新発売】 Cクラス D-ME-07 車高調整キット D2レーシングスポーツ W204 D2JAPAN SALE 88%OFF

D2ジャパン サスペンションシステム スーパーレーシング 車高調 Cクラス W204 D-ME-07 D2JAPAN D2レーシングスポーツ 車高調整キット

D2ジャパン サスペンションシステム スーパーレーシング 車高調 Cクラス D-ME-07 車高調整キット D2レーシングスポーツ W204 D2JAPAN 【SALE/88%OFF】 134640円 D2ジャパン サスペンションシステム スーパーレーシング 車高調 Cクラス W204 D-ME-07 D2JAPAN D2レーシングスポーツ 車高調整キット 自動車、オートバイ パーツ サスペンション 134640円 D2ジャパン サスペンションシステム スーパーレーシング 車高調 Cクラス W204 D-ME-07 D2JAPAN D2レーシングスポーツ 車高調整キット 自動車、オートバイ パーツ サスペンション D2ジャパン サスペンションシステム スーパーレーシング 車高調 Cクラス D-ME-07 車高調整キット D2レーシングスポーツ W204 D2JAPAN 【SALE/88%OFF】 サスペンションシステム,D2レーシングスポーツ,D-ME-07,車高調,D2JAPAN,/buckthorn1804441.html,自動車、オートバイ , パーツ , サスペンション,車高調整キット,134640円,Cクラス,W204,D2ジャパン,スーパーレーシング,migration.oviss.co サスペンションシステム,D2レーシングスポーツ,D-ME-07,車高調,D2JAPAN,/buckthorn1804441.html,自動車、オートバイ , パーツ , サスペンション,車高調整キット,134640円,Cクラス,W204,D2ジャパン,スーパーレーシング,migration.oviss.co

134640円

D2ジャパン サスペンションシステム スーパーレーシング 車高調 Cクラス W204 D-ME-07 D2JAPAN D2レーシングスポーツ 車高調整キット


メーカー名D2JAPAN
商品名サスペンションシステム スーパーレーシング
メーカー品番D-ME-07
JANコード
自動車メーカーMERCEDES BENZ
車種Cクラス W204
型式
年式2007~2014
駆動
適合詳細8気筒
仕様ストリートトップマウント(F/R):ピロボール+ラバー/アルミ
バネレート(F/R):18.0/18.0
フルタップ全長調整式
減衰36段調整式
鉄チューブアルミブラケット(紫アルマイト)
ブレーキホースブラケット
アッパーマウントアルミ
ストラット車ピロUPマウント付
備考キャンセレーションキット対応
注意事項スプリングレート変更ご希望の場合には、ご注文前にお問い合わせください
一部車種では車高調整機能が無い、もしくは全長調整式では無い場合があります
ご不明な点はメーカーまでお問合せ下さい
セット内容商品+配送





D2ジャパン サスペンションシステム スーパーレーシング 車高調 Cクラス W204 D-ME-07 D2JAPAN D2レーシングスポーツ 車高調整キット

フロアマップをクリックすると展示内容が表示されます

「北大の歴史」

北海道大学は、明治9年(1876年)に札幌農学校として始まりました。東北帝国大学農科大学、北海道帝国大学を経て、昭和22年(1947年)から北海道大学となり、現在の組織体制が築かれました。ここでは札幌農学校以来の本学の歴史を展示しています。また受け継がれてきた通底する精神と、先人たちの偉業を紹介します。

保存

詳細を見る
「北大のいま」

ここでは北海道大学の現在の姿を紹介します。「挑戦する北大」では一押しの研究を、「北大の学び舎」では人文・社会・自然科学を網羅する全12学部の教育と研究をご覧いただきます。そして「探究する北大」では北大の研究所やセンター等の魅力を紹介します。

詳細を見る
感じる展示室

感じる展示では、五感をつかった体験を楽しみながら、モノへの興味や関心を深めていただくことを目指しています。展示物や引き出しの中にある標本は、自由に手に取って観察することができます。自分の気になるモノを見つけたら、手で感じて、目で感じて、耳で感じて、じっくりと向き合ってみましょう。心を動かすような発見があるかもしれません。

詳細を見る
収蔵標本の世界

札幌農学校時代からの長い歴史の中で、北海道大学には実に400万点にのぼる標本や資料が蓄積されてきました。北海道大学総合博物館にはこのうち約300万点の標本・資料が保管されており、その一部を公開しています。標本と資料がもつ“訴える力”にご注目ください。

詳細を見る
ミュージアムラボ

ミュージアムラボでは,土器の修復作業,教材開発,隕石の分析,化石のレプリカづくりなど,博物館のバックヤードの一部をご覧いただけます.

詳細を見る